ドリップコーヒーを淹れる静かで楽しい時間

コーヒーが好きな人の淹れ方は様々です。


ドリップコーヒーで淹れて飲む方は多いでしょう。

挽いてある豆を買ってきて淹れる方が多いと思いますが豆かを挽いてから淹れる本格的な方もいます。日本の茶道ではないですが、コーヒーも簡単ですがこのドリップコーヒーを淹れる時からコーヒータイムの楽しい儀式が始まります。
豆の好みはこれも人それぞれですから、省略します。ここではドリップコーヒーの淹れ方を、少し説明します。まずお湯を沸騰させて沸かします、そしてお湯があわだちが静まるまで待ちます、この時の温度が約90度ぐらいでしょう。

最初からどんどん注ぐのでなく、まず蒸らしです。



ペーパーフィルターの紙を濡らさない様に、コーヒーにお湯をしずかに注ぎ、粉がふっくら山になったら注ぐのを止めてそして、30秒から1分待ちます。

カフェインレスコーヒーに関するサポートサイトはここです。

こうするとコーヒーから炭酸ガスが抜けていき、コーヒーの旨味成分が落ちていく道を作る事が出来るので、ここはじっと待ちましょう。


次に、いよいよお湯を注いでいきます、中心から外にむかって円を描く様に注いでいきます。


ポトポトとたれていく感じです。注いでコーヒーの泡がキラキラ光るぐらい山になったら一旦注ぐのを止めてまたお湯が半分以下になったらまた静かに注ぎます。

1杯分のコーヒーの半分ぐらい落ちたところでドリッパーをはずします。

最後の一滴までいれるのはコーヒーのまずい成分を落とすことになりますので。勿体ないと思わずここで止めましょう。
注ぐ最初の成分が美味く、後になればなるほど不味くなるからです。

共同通信社に関する情報が閲覧できます。

まずはお試し下さい。


こういう拘りは暮らしの中のちょっとした静かな時間の流れです。

日本の茶道にも通じる儀式みたいなものです。


心静かに美味しいコーヒータイムを持つ事は1日の時間の中のちょっとした癒しやアクセントにもなります。