急速に普及しているカプセルコーヒー

最近は本格的なコーヒーがどこでも飲めるようになっています。スーパー、コンビニなどでも手軽に淹れたてのコーヒーが飲め、家庭でもコーヒーを楽しむのがブームです。

コーヒーの淹れ方もいろいろあり、シンプルな器具を使うだけだがおいしく淹れるには技術を要するドリップ式や一度に何杯ものコーヒーを作り保温もできるサイフォン式などがあります。

しかし最近はこの2つ以外の新しい淹れ方としてカプセルコーヒーがあります。

ターゲットに応じた産経デジタルをご提案いたします。

これは一杯分のコーヒー豆を特殊なカプセルに封入し、専用のマシンにセットするだけで本格的なコーヒーが作れるものです。

コーヒー豆は生鮮食品です。
封を開けた時から劣化が始まります。



空気に触れることで酸化が始まるので、保存するには直射日光が当たらず真空で湿気の少ない場所に保管する必要があります。
この点カプセルコーヒーは特殊なカプセルに密封されているので酸化されません。淹れ方も簡単です。
マシンにセットしてスイッチを押すだけです。

豆を挽いたりペーパーを敷いたりする手間がなくコーヒーが飲め、飲んだ後の片づけもカプセルを取り出すだけです。

カプセルコーヒー情報の公開中です。

マシンにもさまざまな種類があり、専用のミルクタンクを備えてラテやカプチーノが作れるものや多くの種類のカプセルを取り揃えていてコーヒーだけでなく抹茶ラテやチョコドリンクなども作れるものがあります。

家庭だけでなく職場やオフィスなどにも設置するケースもあり、手軽においしいコーヒーが飲めるので、カプセルコーヒーは急速に普及しつつあります。