フィルターがなくてもドリップコーヒーを楽しむ方法

ドリップコーヒーを飲むための準備をしようと思ったらフィルターが切れていたという、うっかり体験がある方も多いのではないでしょうか?そんなときはコンビニに走るのも面倒なので、家にあるもので代用しましょう。まず1番おすすめなのがキッチンペーパー。

コーヒーカプセルの最新情報を掲載しています。

ドリップコーヒーのフィルターの代用品としては最高です。

作り方は簡単。


四角いキッチンペーパーを三角形に折ります。次に三角形の底辺の両端を中央に向けて、台形になるように折り返すだけ。
たったこれだけでキッチンペーパーがコーヒーフィルターに変身します。

あとは中央部分を開いてドリッパーにセットしましょう。


フィルターの底の部分にサイズを合わせると、より使いやすくなりますよ。
薄手のキッチンペーパーの場合は薄いドリップコーヒーになってしまうので、2枚重ねにしてくださいね。
茶こしとガーゼを使った方法なら、ドリッパーも必要ありません。

茶こしにガーゼを敷いてコーヒーの粉を入れ、サーバーの上で少しずつお湯を注ぎます。



小さな茶こしだとすぐに溢れてしまいますので、お湯は少しずつ注ぎましょう。

お湯だけが溢れたのなら取り返しはつきますが、残念ながらドリップコーヒーを淹れるときは、お湯だけではなく粉も溢れてしまいます。

コーヒーの粉が入ったコーヒーは、かなり残念な味になりますので注意してくださいね。

@niftyニュースの人気が上昇しています。

ドリップコーヒーがどうしても飲みたいのに、フィルターがないときは代用品で楽しみましょう。